33歳未経験からの社労士就活の現況報告

ようやく本格的に動き始めた

ようやくやる気が出てきた。

前職を休職してから気づいたけど、俺は次のステップに進む時期が来たと感じた時にダラダラしていると、気分が落ち込んでしまうたちらしい。

休職後にブログを始めたとき、古い友人と会う約束をし始めたとき、FPや社労士の勉強を始めたとき、日雇バイトを始めたとき、初めて求人に応募したとき…

いつも理由もわからず気分が沈んだことが合図だった。きっと次のステップへ進める体調や状態が整ったのに進まない自分への自己嫌悪が気分を重くするんだと思う。

そして、何か行動を起こすと気持ちが少し晴れて、ああやはり動き出すべき時期だったんだと気がつく。

逆に言えば気分が落ち込まないとなかなか本格的に動き出せないんだよな。

今週、落ち込みを感じたので、本格的に応募を始めてみたよ。応募したり履歴書作ったりしたら少しスッキリした。

現況報告

未経験OKの社労士事務所を受けている。今週は3件応募した。

社労士事務所 C(10月15日応募→書類落ち)

年収400万円 年間休日120日以上 従業員15人 通勤30分

丁寧な指導をしてくれそうだったし、未経験歓迎の中ではかなり条件が良かったので応募。

初めての応募は書類審査落ち。多分、年齢で落ちたんだと思う。

A事務所(11月7日面接→内定辞退)

個人事務所 年収300万円 年間休日103日 従業員5人 通勤30分

年間休日を確認せずに応募してしまった。

業務量が多そう(ネットで評判を見ると残業月90時間との情報も)で、年間休日が少なすぎるので内定辞退。

丁寧に教えてくれそうではあったし、代表とも馬が合いそうな感じはしたし、開業するにはこういうところで修行したほうが経験値は積めそうだとは思ったけど…。

ほぼ最低賃金で年間休日103日はやっぱ無理だ。

内定辞退するとき、残業も少なめでいいし給料も上げると言われたが、

俺だけ残業少なめで給料高くても居づらいだろう。

K社労士法人(11月9日説明会、11月20日一次面接)

年間休日115日。年収300万、従業員12人。残業ほぼなし。通勤30分。

説明会で話を聞いたところ、給与計算が主な仕事になるらしい。

仕事は丁寧に教えてもらえそうで、30代未経験で採用された先輩もいるようだ。

昇給がしっかりしそうなので長く勤めるには良いだろう。

業務範囲が広がるのは5年目以降。それまで簡単な手続きと給与計算ばかりなので経験は積みづらく、前職の経験も活かしづらそう。ここに勤めて経験積んで開業は難しいかもしれない。

現時点の第一志望。

社労士法人N(書類選考中)

従業員40人。年収300万円。年間休日125日。通勤1時間。

第二志望。

H社労士事務所(11月22日21時〜面談予定)

手続きよりコンサル中心。給与計算は少なめ。年間休日120日以上。20代〜30代中心。年収350万円。通勤1時間。

不注意型のADHDグレーゾーンの俺としては給与計算が少ないのは嬉しい。

なんとなくだけど、忙しそうなイメージ。面談の時間も遅いしな。

S事務所(書類選考中)

従業員7名。年間休日120日以上。年収300万円。通勤1時間。

残業は多そう。平均勤続年数は長いらしい。

頑張ります

今日は履歴書と職務経歴書を作って社労士法人Nに送る予定。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました